知ってわかる日本の良さ Kazu68’s diary

日本の素晴らしい所を感じてほしい。

福山城は江戸時代建築最後の最も完成された名城

福山城は江戸時代建築最後の最も完成された名城。天守閣に登ろう

観光名所やご当地グルメが豊富な広島県。観光に訪れる方も多いエリアですが、広島に訪れたのなら福山城へはぜひ足を運んでほしい場所。福山城水野勝成によって築かれた城で、日本100名城の一つにも数えられています。ここでは、福山城の魅力や見どころ、アクセスの方法などについて詳しくお話しします。

水野勝成が築いた福山城

福山城は久松城や葦陽城(いようじょう)とも呼ぶ

f:id:Kazu68:20200209163234j:plain

まだまだ徳川幕府が安泰でなかったころ、西国鎮護の拠点とすべく誕生した城が福山城です。幕府から向かわされたのは水野勝成で、彼が入府して城を築きました。水野家は5代まで、松平家が1代、阿部家は10代と多くの藩主が居城としてきたお城。
2006年には日本100名城の一つに選ばれ、現在では多くの観光客が足を運ぶほどのスポットとなりました。
初代福山藩主の水野勝成

f:id:Kazu68:20200209163345j:plain

織田信長豊臣秀吉に仕え、最後の最後で天下を取った徳川家康。豊臣家を滅ぼしたのち徳川幕府の礎を築き、300年の泰平の世を作り上げたのは彼の大きな功績といえるでしょう。
福山城を築いた水野勝成は、そんな徳川家康のいとこだった人物です。妹は虎退治で有名な加藤清正正室、清浄院。徳川と豊臣が戦った大坂冬の陣においては、彼の率いる軍にあの剣聖、宮本武蔵も参戦していたのだとか。
開国への道に進んだ阿部正弘

f:id:Kazu68:20200209163528j:plain

天守閣広場の一段下、広場の西側に建立されている阿部正弘の像。福山藩阿部氏第7代目の当主であり、幕末に活躍した老中として有名な人物です。長らく鎖国によって海外との交流を断ってきた日本でしたが、ペリーが黒船を率いてやってきたことで泰平の眠りから覚まされます。
ペリーは日本と条約を結びたがっていましたが、最初の来日では要望を保留。再来したときに、阿部正弘が日米親和条約を結んだことで開国へと進んでいきます。

戦災を免れ現存する筋鉄御門と伏見櫓

本丸の正門に位置する筋鉄御門

f:id:Kazu68:20200209163651j:plain

もともとは、京都の伏見城にあったものだといわれています。名称からも分かるように、1階の扉や門柱に筋状の鉄板を打ち付けています。現在では国の重要文化財として指定。貴重なものなので、訪れたときにはぜひ間近で見物してほしいですね。
三層の美しい伏見櫓(ふしみやぐら)

f:id:Kazu68:20200209163801j:plain

f:id:Kazu68:20200209163849j:plain

2階建ての鐘櫓。福山市重要文化財として指定されています。当時は時の鐘や1時間の太鼓を打つなど、しっかり機能していたようです。緊急時には武士を招集するためにも用いられていました。
文書整理保存する収蔵施設の鏡櫓

f:id:Kazu68:20200209164017j:plain

鏡櫓は本丸から東方向に位置しています。月見櫓から伸びている塀でつながっています。明治6年に廃城となり、その際に壊されてしまいますが、昭和48年に復元されました。現在では文書館となっており、1階にはさまざまな展示物が。閲覧室もあります。2階は収蔵庫として使用。
藩主が月見を楽しんだ月見櫓

f:id:Kazu68:20200209164116j:plain

月見櫓は南東の隅に築かれています。藩主の船着を見極めるための機能を持っていたとか。古い建築様式で建てられたもので、1階の南側には石落としという細工も。明治の初めに取り壊されてしまいますが、昭和41年に天守閣とともに復元されました。
豊臣秀吉の伏見御殿にあった湯殿

f:id:Kazu68:20200209164218j:plain

石垣の上にまで張り出した建物の内部は、風呂と物見に分かれていたとか。昭和20年、戦災によって焼失してしまいますが、天守閣とともに昭和41年復元します。現在では貸会場として使われています。

福山の歴史を伝える常設展示
江戸時代中期の阿部家に関する展示

f:id:Kazu68:20200209164328j:plain

阿部正弘の直筆所が展示されています。とても貴重なものですが、中でも潮音はペリーが開国を日本に迫ってきたころの書だといわれています。江戸福山藩屋敷図、江戸地図、甲冑、書状、愛用品など多種多様な品を展示。歴史ファンでなくても思わず見入ってしまうだけの展示量です。
初代藩主の水野家に関連する展示

f:id:Kazu68:20200209164431p:plain

古地図や文書、伏見御殿板襖絵、家紋入り膳などがあります。水野家の家紋が入った馬印、鳳凰図、掛け軸、奉納太刀なども。普段目にする事のないものばかりなので、歴史ロマンを感じながらじっくり見学してください。

 

天守閣の最上階

f:id:Kazu68:20200209164539j:plain

最上階は展望台となっており、街中の景色を一望できます。天気の良い日なら瀬戸内海まで望む事ができるでしょう。ここからしか見られない景色があるので、訪れたときにはぜひ展望台にも上ってくださいね。新幹線のホームからも、伏見櫓や天守などを望めます。

福山城の鬼門には三蔵稲荷神社
三蔵稲荷神社の能舞台

f:id:Kazu68:20200209164653j:plain

お城の北側が鬼門の方角となる事から、そこに守護神がお祀りされています。城の裏手に回ってすぐのところにあるので、散策ついでに立ち寄ってみましょう。境内はとても静かで、時間がゆっくり流れているような雰囲気。しっかりと参拝してください。
毎年ミス三蔵稲荷神社ミスコンテストというイベントが行われている事も有名。女性が巫女の装束に身を纏って競い合うコンテストです。

Address        〒720-0061 広島県福山市丸之内 1丁目8-7
Hours            なし
Closed          なし
Tel                 084-922-1569
Web              http://www.sanzoinari.jp/

福山城へのアクセス
電車でのアクセス

最寄りの駅となるのはJR福山駅です。駅の北口から出ると、徒歩約3分ほどでアクセスできるでしょう。駅舎からもお城の姿を確認できるので、迷う事はまずないはずです。駅から短時間でアクセスできるのはうれしいですね。

車でのアクセス

車で訪れるのなら、山陽自動車道の福山東インターチェンジが最寄りです。降りてから西方面に車で約20分ほど走れば福山城にアクセスできるでしょう。
駐車場は、ふくやま美術館、もしくはふくやま文学館駐車場を使ってください。駐車場で渡される駐車券を持参し、天守閣の受付で渡すと駐車料金が1時間減免になるというサービスがあります。お得に利用するためにも、忘れずに駐車券をお城まで持参してくださいね。

Address         〒720-0061 広島県福山市丸之内一丁目8番
Hours             9時00分~17時00分(9~3月)、9時00分~18時30分(4~8月)
Closed           月曜(祝日の場合翌日) 、年末
Tel                  084-922-2117
Web               http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/fukuyamajo/

たくさんの名所がある広島ですが、福山城も決して忘れてはいけない名所の一つです。歴史ロマンもたっぷりと感じられますし、展示室では貴重な当時の資料もたくさん目にできます。駅から近いというのも観光客にとってはうれしいポイント。ぜひ足を運んでください。