知ってわかる日本(世界)の良さ Kazu68’s diary

やはり日本は狭いです。日本を含め世界の素晴らし所を伝えて行きたいとたいと思います。

心安らぐ「日本のふるさと」伊賀上野(三重)

心安らぐ「日本のふるさと」

伊賀上野(三重)

f:id:Kazu68:20200320112417j:plain

伊賀と聞いて「伊賀忍者」をイメージされた方も多いはず。
隣接する滋賀県甲賀とともに、かつて忍者たちが拠点を置き、活躍した地として知られています。

また、江戸時代の俳人松尾芭蕉が誕生した街でもあります。

f:id:Kazu68:20200320112538j:plain

伊賀地方は、飛鳥や奈良、京都から近い交通の要衝として古くから栄えてきました。
江戸時代には伊勢津藩の城下町、伊勢神宮への参宮者の宿場町としても隆盛を極めたため、奈良や京都の影響が深く浸透した地でもあります。

中世の伊賀は小領主が群雄割拠する状態で、騒乱が絶えなかったため、住民が自衛のため武装化する必要がありました。
これが忍者の雄・「伊賀忍者」のはじまりです。

戦国時代には伊賀に侵攻してきた織田信長と激しい戦闘を繰り広げたことでも知られています。
本能寺の変の直後、徳川家康の脱出を助けたのも伊賀忍者であり、服部半蔵はこの時の功績によって幕府で重用されました。

f:id:Kazu68:20200320112644j:plain

伊賀上野のシンボル・上野城は、築城の名手と歌われた藤堂高虎によって築城されました。
藤堂家・津藩の城下町として栄えた伊賀上野の街は、高虎によって碁盤目状に整備されており、今もその面影を残しています。
風情ある城下町の街並みは、京都のイメージによく似ています。

伊賀流忍者博物館

f:id:Kazu68:20200320112757j:plain

子供を対象にした忍者のテーマパークは全国に存在しますが、こちらは大人も楽しめる設定になっています。
博物館だけに、伊賀忍者に関する貴重な資料や道具が多数展示されており、楽しみながら伊賀忍者について学ぶことができます。

また、江戸時代末期の土豪屋敷を移築した「忍者屋敷」では、様々なカラクリや仕掛けを実演を通じて案内してもらえます。
そして、迫力満点な「忍者ショー」、忍者が実際に使用した道具を用いてのステージは子供たちに大人気。
ここでしか手に入らない忍者グッズも多数販売されており、お土産にもぴったりです。

伊賀流忍者博物館の観光情報

maps.google.com

住所 : 三重県伊賀市上野丸之内117
アクセス : 伊賀鉄道上野市駅より徒歩約10分
電話番号 : 0595-23-0311
定休日 : 年末年始
営業時間 :9:00〜17:00
料金 :
大人800円 小人500円
忍者実演ショーは別途500円

www.iganinja.jp

デルメッド ホワイトニング スポットクリーム