知ってわかる日本(世界)の良さ Kazu68’s diary

やはり日本は狭いです。日本を含め世界の素晴らし所を伝えて行きたいとたいと思います。

意外と知られていない?山形の魅力とは ・ 最上(新庄・最上郡)編

山形といえば

f:id:Kazu68:20200418100225j:plain

山形県は、別名 「さくらんぼ県」 と言われるほど果物が有名です。
さくらんぼやラ・フランスは、 日本一の収穫量を誇っています。
その他、県内には柿をはじめ、りんごやぶどう、メロン、スイカ畑も多く点在しています。
また、果物だけでなく、日本海に面した山形では新鮮な魚を獲ることができます。

山に海に川。
大自然に囲まれた山形は空気も水も美味しく、それに育まれる食べ物すべてが美味しいのです。
もちろん、ワインや日本酒も美味しいですよ。

山形の地理について

maps.google.com

山形県は、東北地方南西部に位置しています。
歴史的人物でいえば米上杉氏が有名です。
山形県の米沢は、話題になった真田丸に登場する上杉氏のゆかりの地でもあります。
他にも、山形県最上川といえば、かの松尾芭蕉が詠んだ場でもあります。

そして、意外にも山形は温泉王国なのです。
全市町村から温泉が湧き出でる珍しい県でもあります。
県内に90もの温泉地があるというのがその証拠です。

山形観光のベストシーズン

山形は春夏秋冬楽しめます。
もし旅行の主軸を「果物狩り」に置く場合は、夏から秋にかけてがベストです。
さくらんぼ狩りなら6月上旬から7月中旬。
ぶどうなら8月下旬から11月上旬といったように、それぞれの果物の旬がねらい目です。
山形はさくらんぼを始め、様々な果物狩りが楽しめます。

大自然のレジャーを楽しむなら、それこそ春夏秋冬楽しめます。
春は桜、夏は青々とした山々、秋は紅葉色づく山々を見ながら舟下りを楽しむことができます。
冬は雪化粧した雄大な自然を楽しむことができます。

温泉を楽しむなら、特に秋から冬にかけてがおすすめです。
秋はやはり山々の紅葉を楽しみながらのんびりと。
冬は雪景色を楽しみながらほっこりと温泉に浸かることができます。

今回は、季節ごとに違う魅力を見せてくれる山形の 観光スポット の内   最上(新庄・最上郡)を 紹介していきます。

<最上(新庄・最上郡)のおすすめ観光スポット>

宮城県に面した沿岸部である最上は、新庄市を中心とした最上郡で構成されています。
新庄市といえば、山形新幹線の開通でターミナル駅となった新庄駅をもっています。

1. 最上公園

新庄城の城址公園です。
新庄城は新庄藩祖・ 戸沢政盛が築城し、代々の戸沢氏の居城となりました。
戊辰戦争時に本丸は焼失しましたが、城の面影を残す石垣や本丸を囲む堀 は当時のまま残っています。
山形が新庄の歴史と自然をたっぷり感じられる公園です。
また、園内には戸沢神社・天満神社護国神社があり、見どころも満載です。

f:id:Kazu68:20200418101214j:plain

そして、なんといっても最上公園の春は美しいです。
園内にソメイヨシノをはじめ、シダレザクラなど約350本の桜の木が植えられており、県有数の桜の名所として知られています。
お堀に桜が映る美しい情景はまさに写真に収めたい一枚です。

f:id:Kazu68:20200418101321j:plain

最上公園の観光情報

住所 : 〒996-0085山形県新庄市堀端町
アクセス : 新庄駅から徒歩で15分
電話番号 : 0233-22-2111
公式URL : 新庄市

2. 最上峡芭蕉ライン観光舟下り

f:id:Kazu68:20200418101544j:plain

古口港から草薙港まで約12km。
渓谷美に目を奪われる1時間です。
その雄大な自然を背景に、舟内での美味しい食事や船頭さんの愉快な案内話や歌を楽しむ贅沢もあります。

新緑を見るなら5月、紅葉は10月、水墨画のような雪景色を眺めるなら2月。
このように、訪れる時期によってその季節ならではの美しい風景を楽しむことができます。
雪景色を楽しみたい、けれど寒いのが苦手…という方も安心です。
もちろん、冬場には暖房船が出ます。
安心して山形の四季を満喫しすることのできる観光スポットです。

最上峡芭蕉ライン観光舟下りの観光情報

住所 : 〒999-6401 山形県最上郡 戸沢村古口86−1
アクセス : JR古口駅より徒歩5分
電話番号 : 0233-72-2001
定休日 : 年中無休
営業時間 : 8:30~17:00(季節によって異なる)
料金 : 下り 大人・2,200円 子供・1,100円(片道)
公式URL : 最上川芭蕉ライン

www.blf.co.jp

国道からも楽しめる最上川

最上川は実は舟の上だけでなく、車からも楽しめます。
最上川沿いには国道13号線→47号線が続いています。
季節ごとに様々な表情を見せる山々に雄大な流れを見せる最上川
見渡す限り美しい景観を楽しみながら走るだけでもとてもわくわくしてきます。
なかでも「最上川と八向楯(新庄市本合海)」は魅力的です。
この場所は、松尾芭蕉が乗船した場として有名となっています。
是非、舟上からも、車上からも最上川を満喫してください。

3. 肘折温泉

f:id:Kazu68:20200418101838j:plain

肘折温泉は、807年に開湯した1200年以上の長い歴史を持っている観光スポットです。
「肘折」の由来は、その昔老僧が肘を折ってしまった時に、この温泉で傷を癒したことから名付けられたと言われています。

観光客の疲れも癒してくれる温泉として古くから愛されている温泉で、冬になるとたくさん雪が積もります。
肘折温泉郷には20件以上の旅館があり、どの旅館も源泉かけ流し。

泉質も豊富にあります。
保温効果の高いナトリウム-塩化物は「あたたまり湯」、古くなった角質を乳化するナトリウム-炭酸水素塩泉は「美人の湯」、そのほかにも炭酸ガスの効果で外傷や骨折等の傷の治癒、リュウマチ、神経痛などにも効果あり。
肘折温泉郷には「温泉療養相談所」もあるため、自分の体調を相談してどこの温泉が向いているのか等の相談も行えます。

f:id:Kazu68:20200418101947j:plain

温泉街は風情溢れる外観の建物がたくさん。
温泉を堪能するだけではなく「温泉郷」としての雰囲気も、肌で感じて楽しむことができます。

f:id:Kazu68:20200418102046j:plain

温泉街から少し足を伸ばすと、肘折ダムを見ることもできます。
ダムの雄大な景色だけでなく、ダムの近くには足湯も完備。
足湯を楽しみながらダムも見られるなんて、ここでしか味わえない贅沢な空間です。

f:id:Kazu68:20200418102145j:plain

四季を楽しむのも、温泉郷の堪能方法の一つといえます。
そして肘折温泉郷は冬になるとたくさんに雪が積もる場所。

雪が積もるからこそ見ることのできる美しい催し物も、ぜひ見てみたいポイント。
それぞれの温泉でお湯の色や効能が異なるので、温泉を楽しみながら雪の積もった風景を眺めて歩くのも風情があって良いものです。

f:id:Kazu68:20200418102257j:plain

肘折温泉郷といえば、朝市が有名です。
活気のある朝市では、ここでしか購入できないとれたて野菜を大特価で購入することができます。
販売者さんの顔も見ることができるので安心です。

肘折温泉郷の観光情報

住所:〒996-0201 山形県最上郡大蔵村大字南山
アクセス:庄内駅からバスで55分
電話番号:0233-75-2111
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
効能:外傷・骨折・やけど・皮膚病・神経痛・リュウマチ
公式URL: 肘折温泉

hijiori.jp

おすすめご当地グルメ

くぢら餅

f:id:Kazu68:20200418102626j:plain

くぢら餅は山形県新庄市の伝統的な餅菓子です。
餅米とうるち米を合わせて水で練り、クルミと砂糖を合わせて蒸し上げられています。
もち米だけの餅とは異なり、柔らかいけれど歯ごたえのある不思議な触感です。
くるみ、黒糖を始め味噌味やしょうゆ味など、様々な味付けが楽しめます。

 

今は新型コロナウイルスで大変な時です。

落ち着いたら是非行ってみて下さい。

デルメッド ホワイトニング スポットクリーム