知ってわかる日本(世界)の良さ Kazu68’s diary

やはり日本は狭いです。日本を含め世界の素晴らし所を伝えて行きたいとたいと思います。

山形旅行なら外せない観光地14選! おすすめ山形お土産もご紹介!<置賜(米沢、南陽、長井)編>

置賜(米沢、南陽、長井)のおすすめ観光スポット>

置賜地方は、日本の山形県の内陸部南部にあります。
米沢市南陽市長井市を中心とした都市で構成されています。

1. 上杉神社

f:id:Kazu68:20200430101742j:plain

上杉神社は戦国武将・上杉謙信を祀っている神社です。
明治9(1879)年に建立された後に火災により焼け落ちてしまいましたが、大正12(1925)年に再建されました。

f:id:Kazu68:20200430101839j:plain

稽照殿や上杉謙信像など厳かな建築物が背景の大自然と相まって神聖な雰囲気が漂っています。
本堂横にある稽照殿には、 謙信公はじめ上杉氏の武具・甲冑などが展示されています。
謙信公が川中島の合戦で使用した烏帽子も、直江兼続公の「愛」の前立ての甲冑もこちらで見ることができます。

周辺には見渡す限りの美しい自然が広がっています。
夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪化粧、春は桜とともに謙信公の面影を楽しむことができます。

f:id:Kazu68:20200430101928j:plain

上杉神社の観光情報

住所 : 〒992-0052 山形県米沢市丸の内1丁目4-13
アクセス : JR米沢駅から山交バス白布温泉行きで約8分
電話番号 : 0238-22-3189
営業時間 : 6:00~17:00(季節によって異なる) 

2. 上杉博物館

f:id:Kazu68:20200430102042j:plain

上杉神社の手前にある、近代的な建物の博物館です。
この博物館には、上杉謙信公を中心とした上杉家ゆかりの資料が豊富に展示されています。
甲冑や美術品など歴史的価値の高い貴重な作品が、パネルや映像でわかりやすく展示されています。
館内には大型スクリーンが設置されており、最新の映像技術で当時の時代風景を鑑賞できる凄みがあります。

f:id:Kazu68:20200430102106j:plain

上杉博物館の観光情報

住所 : 〒992-0052 山形県米沢市丸の内1-2-1
アクセス : JR米沢駅からバスで約10分
電話番号 : 0238-26-8001
定休日 : 水曜(4~11月)、月曜(12~3月)、年末年始
営業時間 : 9:00~17:00
料金 : 一般・410円 学生・200円 小中学生・100円
公式URL : 上杉博物館

www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp

3. 高畠ワイナリー

f:id:Kazu68:20200430102306j:plain

地元で採れたブドウを使用してワインを製造しているワイナリーです。
実は置賜エリアは山形の内陸部南部ということもあって果物の栽培にとても適した土地柄なのです。
そして、このワイナリーのある高畠町はぶどうの生産が盛んです。
特にワインに使用されるぶどうのシャルドネ種やデラウェアの出荷量が市町村単位で見ると日本一を誇っています。

こちらでは、ワインの製造工程を見学できたり、テイスティングやお土産などの用意もあります。
地元のぶどうで作られるワインはもちろん、そのワインを使ったソフトクリームが美味しいです。
このソフトクリームは、高畠ワイナリーの人気ワインである「まほろばの貴婦人(白)」で作られています。

美味しいワインと美味しいスイーツ以外にも楽しめるのが高畠ワイナリーです。
こちらでは季節に合わせ、夜間のぶどう狩りやマルシェ、収穫祭など、様々なイベントが開催されます。
毎年開催される秋の収穫祭では、ワイナリー秘蔵のワインが試飲することもできる絶好の機会です。

高畠ワイナリーの観光情報

住所 : 〒999-2176 山形県東置賜郡高畠町大字糠野目2700-1
アクセス : JR高畠駅から徒歩で約10分
電話番号 : 0238-57-4800
定休日 : 12/31~1/1
営業時間 : 9:00~17:00(冬場は16:30まで)
料金 : 入場無料 (ワインソフトクリーム・300円)
公式URL : 高畠ワイナリー

www.takahata-winery.jp

置賜(米沢、南陽、長井)のおすすめご当地グルメ

鳥中華

実は山形は、蕎麦の一大産地で麺類王国なのです。
そば、うどん、ラーメンをはじめ、冷や麦や麦切など。
とにかく店を彩る麺料理の種類が多いです。
その中でも特に耳慣れない「鳥中華」をご紹介します。

www.instagram.com

鳥中華とは、いわゆる中華そばです。
鰹の出汁で純和風であっさりとしたスープに、中太の縮れ麺。チャーシューの代わりに鶏肉がのっています。
澄んだスープに天かす、海苔をトッピングし、こしょうを効かせたちょっとピリ辛の味は後味をひきます。
そして、ここ置賜の天童には元祖鳥中華のお店があります。

店の前に水車があるのが目印の「手打ち 水車生そば」。
幕末(1861年)創業の歴史ある手打ちそば屋さんです。
レトロな雰囲気漂う店内は、居心地の良い空間です。
昼時には、元祖のお味をいただこうと様々な場所から訪れる人で賑わいます。

水車生そばのグルメ情報

住所 : 〒994-0025 山形県天童市鎌田本町1丁目3-26
アクセス : JR天童駅から、徒歩15分。山交バス「天童温泉」停留所から、徒歩2分。
電話番号 : 023-653-2576
定休日 : 1/1
営業時間 : 11:00~22:00
公式URL : 水車生そば

http://www.suisyasoba.com/

<山形でお土産を買うならここがおすすめ>

山形観光物産会館

山形県の特産品が勢揃いの大型店舗です。
さくらんぼ、そば、ワイン、和菓子など定番のお土産物からコケシなどの民芸品まで多彩な商品が販売されています。
広々とした店内には、様々な商品が並んでいるので見ているだけでも楽しいです。
選ぶとなるとあっという間に楽しい時間が過ぎていきます。

もし「ちょっと休憩したいな」「小腹がすいたな」と思っても大丈夫です。
店内にはフードコートが併設されており、山形の美味しい食を楽しむことができます。
特におすすめなのが、丹野こんにゃくの「玉こんにゃく」です。

f:id:Kazu68:20200430102753j:plain

「玉こんにゃく」とは 歯ごたえのあるピンポン玉大の丸いこんにゃくを、醤油だしで煮込んだものです。
甘じょっぱい味付けは山形県民だけでなく多くの観光客を魅了する、山形のソウルフードです。

丹野玉こんにゃくは、昭和初期の創業からこだわりを持ってこんにゃくを作り続けてきたお店です。
山形の「これぞ玉こん!」を食べることのできるおすすめのお店です。

山形観光物産会館の観光情報

住所 : 〒990-2307 山形県山形市蔵王68
アクセス : JR山形駅から車で15分
電話番号 : 023-688-5500
定休日 : 不定
営業時間 : 9:00~17:30
公式URL : 山形観光物産会館
丹野こんにゃく公式URL: 丹野こんにゃく

www.tannokonnyaku.co.jp

<山形のおすすめお土産>

1. つや姫 くるみゆべし

f:id:Kazu68:20200430102933j:plain

くるみがたくさん入っていて、もちもちとした食感が美味しい和菓子です。
醤油ベースの黒砂糖の甘じょっぱいさと、くるみの香ばしさがたまりません。


2. 富貴豆(ふうきまめ)

f:id:Kazu68:20200430103043j:plain

「冨貴豆」は、青エンドウ豆を砂糖で炊いたシンプルなお菓子です。
丁寧に皮をむき保存料などを使用せずに作られているため、豆本来の風味や上品なほっこりとした甘みを楽しめます。
甘すぎない、優しい味は一度食べたら忘れられません。
ふうき豆の名前の由来は、エンドウ豆を蒸かすことからだとか。
そこに縁起の良い「富」と「貴」を当て、商品名としたそうです。
お土産としては日持ちしないのが残念ですが、自分へのお土産や家族へのお土産にぴったりです。


3. オランダせんべい

f:id:Kazu68:20200430103146j:plain

日本有数の米どころ、山形県庄内産のうるち米で作られた超うす焼きのおせんべいです。
さくさくぱりぱりの歯応え、後引くちょっと強めの塩味が手が止まらない美味しさです。

「私達(おらだ)が丹精込めて作った庄内米を使い、私達(おらだ)の手によって作られた、私達(おらだ)のおせんべい」
このような意味を込めてつけられた「オランダせんべい」は 発売から60年、山形県民に愛され続けているおせんべいです。

お茶請けにもビールにも合うので、子供から大人まで、世代を問わず喜ばれます。
パッケージデザインもとても可愛らしいので、女性の方にも人気です。


以上、山形の観光スポットやご当地グルメ、おすすめの山形土産をご紹介しました。
これから山形へ行こうと考えている方は是非とも参考にしてください。

今は新型コロナウイルスで大変な時です。

落ち着いたら是非行ってみて下さいね。

デルメッド ホワイトニング スポットクリーム